医療法人 不二尚和会 日笠クリニック

>
医師紹介

医師紹介

 

心のトラブルに悩む
すべての人に
安心と希望の灯を

 

院長 日笠 尚知
   ひかさ なおとも

Chief Doctor
Naotomo Hikasa

 

心のトラブルで悩み苦しみ、不安に陥った人たちに、苦悩や不安を取り除くだけでなく、共に悩み、共に歩み、安心と希望を与えてさしあげたいと、私たちは願っています。ココロの不調を感じたら、どうかお気軽に声をかけてみてください。

 

診療担当:[月午前・火・金]
     [土or日午前/隔週(要確認)]

 

1947年 岡山県津山市に出生

1965年 岡山県立津山高等学校卒業

1971年 岡山大学医学部卒業医師免許取得

1974年 岡山大学精神神経科入局

1986年 神経生理学の研究にて医学博士号取得

1989年 日笠クリニック設立

 

■診察分野と診察方針

心とからだの関係に注目してきました。うつ病、うつ状態、双極性障害、不安障害、パニック障害、統合失調症やストレス性疾患全般にわたります。カウンセラーやデイケアなどとのチーム医療にも積極的に取り組んでいます。

 

 

ひとりひとりの
素晴らしい個性を
大切に

 

副院長 小田 輝幸
    おだ てるゆき

Doctor
Teruyuki Oda

 

人間一人ひとりみな素晴らしい個性を持っています。でも突然のストレスや内面の原因で、本来の自分が十分発揮できない「心の風邪」をひくことも。そんな時、あなたが心のエネルギーや輝きを取り戻し、充実した生活を送れるようにお手伝いしたいと思っています。

 

診療担当:[月・火・水・金]、[夜間:第1・3・4水]、
     [土or日午前/隔週(要確認)]

 

1978年 岡山大学医学部卒業

1985年 岡山大学医学部精神科入局

1991年 岡山大学医学部精神神経科医員

2000年 神経病理の研究にて医学博士号取得

    日笠クリニック副院長となる

 

■診察分野と診察方針

最近は職場や家庭でのストレス関連の問題(例えば不安や抑うつ、ひきこもりなど)も一般的になり、ますます深刻な問題になってきます。そういう方々の心の重荷を軽くするお手伝いをしたいと思います。また、漢方薬の研究もしており、体にやさしい処方を心がけています。そして若年のみならず全般にわたるうつ病、うつ状態の改善にも力を注いでいます。

 

川崎医療福祉大学名誉教授
 

医学博士 佐久川 肇
     さくがわ はじめ

 

1967年 岡山大学医学部卒業

琉球大学附属病院助教授・精神神経科科長、国立療養所 琉球病院神経科科長・研究検査科科長などを経て1991年より2011年3月まで川崎医療福祉大学教授

診療担当:木曜日 午前

 

患者さんの訴えをしっかりと聴きとり、症状の回復と問題の解決の方向を示してあげること、心療科の役割はこれに尽きるといっても過言ではありません。その際に薬は大切な役割を果たしますが、決してこれが最終の解決ではありません。木曜日の私の外来は投薬だけに終わらず、受診者ご本人の納得のいく対話を重視する診療を目指します。

 

■診察分野と診察方針

以下のような疾患や症状について精神療法(主としてカウンセリング)を中心に、薬物療法も交えて治療します。うつ病、パニック障害、外傷後ストレス症候群(幼少期・思春期・青年期のレイプなどの精神的外傷の後遺症)、社会不安症候群、対人恐怖症、閉所恐怖症、(歯科や美容院に行けない、新幹線・飛行機に乗れないなど)、強迫神経症(不潔恐怖など)、不眠症、軽度統合失調症、過食・拒食などの摂食障害、リストカットなど自傷行為、キッチンドリンカー(女性のアルコール依存)・薬物依存・インターネット依存・ギャンブル依存・買い物依存などの依存症、職場や家族の対人関係のストレス、動悸・めまい・呼吸がしにくいなどの自律神経症状、セックスレスなどのセックスカウンセリングなど。

 

 非常勤医師[診察担当曜日/時間]

●品川 昌二(元国立医療センター医長)・・・[火・木・土午前] 午前/9:00~13:00

                           午後/14:00~16:00

                           (土曜日は午前のみ)

●下山 敦士(元労災病院部長)・・・[土曜日] 午前/9:00~13:00

                     午後/14:00~15:00